FX比較はこちら

2014.10.28

岡崎久彦氏死去

←お読みになる前に是非ともクリックをお願い致します。あなたのクリックでこ
 のブログのランキング順位が上がります。ランキング1位を目指しております。


2014年10月26日
岡崎久彦氏が死去した。

岡崎氏は、朝まで生テレビにもよく出演なさっていて、私もよく見ていた。
以下の著書はあまりに有名だろう。



保守派の論客であったが、いわゆる親米保守という立場で同じ保守でも西部邁氏とは
立場を異にしていた。
日本は今後、アングロサクソンと共に歩めば間違いないという
ある意味わかりやすい主張をされていたように思う。

私は、その点あまり肯んじられなかったが。

←いつも応援のクリックありがとうございます。
 あなたのクリックが大変励みになっております。


それはさておき、私が氏の著作で印象に残っているのは

などで、ルビがふられていることである。

いちいち漢和辞典にあたらずとも、音読できるように配慮されている。

このあたりの青少年に対する心遣いはさすがだと思った。

私とは考え方が多少違ったにせよ、優秀な頭脳であったことは間違いないのだろう。

←最後までお読みいただきありがとうございます。あなたのクリックを励みに
 これからも楽しんでいただけるような記事を執筆して参りたいと思います。


主権者国民連合TBP

01:40 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする