FX比較はこちら

2012.06.05

44880円で禁酒する方法

←お読みになる前に是非ともクリックをお願い致します。あなたのクリックでこ
 のブログのランキング順位が上がります。ランキング1位を目指しております。


みなさんの中で、禁酒したい、断酒したい、要するにお酒をやめたいと思っている方はいませんか?

かくゆう私は、2011年をもってお酒をやめました。
それ以来アルコールは一滴も体内に入れておりません。
当然プライベートでは全く飲まず、会社の打ち上げやら何やらも一切出席しなくなりました。

お酒をやめよう、あるいはやめたい、と思っているけどやめられない方にとっては羨ましい話でしょうか。
「えっ、どうやってやめたの?教えて!教えて!」って感じですか(笑)

お酒って確かに美味しいですよね。
私もやめる前は好きで好きでほぼ毎晩飲んでいました。

でも、心の中では「やめやれるなら、やめたいかな…」って思っていたんです。
なんで、やめたいと思っていたのでしょうか。

まず、このまま、このペースで飲み続けていると、今はまだ健康でも将来間違いなく酒で体を壊すという自覚があったからです。

それと、仕事が終わってから飲んでしまうと、もうその日は帰ってから何も出来ずに寝るだけなんですよね。
お酒を飲んでいる時間を読書や、自己啓発の為の勉強などに使えばどれだけ有意義なことでしょう。
つまり、時間の無駄ってことです。

しかも、お酒を飲んだ翌朝のつらいことつらいこと…
飲んだ翌朝、「もう酒やめよう、絶対やめよう!」と思っていても、気持ち悪い午前中を乗り切ってしまうと、午後にはすっかり体調も良くなり、仕事が終わる頃には、もう頭は飲みに行くことでいっぱい(笑)
早く飲みに行きたいもんだから、仕事の処理スピードが早いこと早いこと(笑)

そんな悪循環でした。

タバコも同じです。
タバコに関しても私はチェーンスモーカーでしたが、「このままでは絶対、喉頭がん、肺がん、心筋梗塞だ」という不安があったので、やめました。
タバコのやめ方については以下の私の過去記事をご覧ください。
24時間でタバコをやめる『ニコアン』推薦します

←いつも応援のクリックありがとうございます。
 あなたのクリックが大変励みになっております。


では、私が実際、どうやってお酒をやめたのか。
その歴史をお教えしましょう。お酒をやめたいを思ってやめらないでいる方へなんらかの参考になれば幸いです。

まず、この本を読んだのですね。

この本のP66に
生活習慣の改善の中で、私がどこまでもしつこく勧めたいのは、依存性があるものからの脱却です。「依存性があるもの」とは具体的にはテレビ・たばこ・お酒・インターネット・ゲーム・携帯電話などです。私はこれらを総称して「時間泥棒」と読んでいます。
(勝間和代『無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法』P66)

という文章があります。
私はこれを読んで、「そうだよなー、そうだよなー」と思っておりました。
でも、すぐにお酒をやめるまでには至らなかったのです。

次に、お約束かもしれませんがこれですね。

これも読んで「そうだよなー、そうだよなー」と思っておりました。
でも、まだやめられなかったのです。

でもこれで断酒に成功なさっている方も多い(確か勝間さんもこれでやめたはず)ですから、これは読んでみる価値はあります。そしてここでやめられればバンバンザイですね。

私は、自己啓発の本が好きで結構読んでいるのですが、その中でも苫米地英人さんの本をよく読んでいました。苫米地さんの本はすべておすすめです。

あるときフォレスト出版から販売されている苫米地さんの教材

を購入して視聴したのですが、
なんと、これで私はお酒をやめることができたのです。

一体、能力開発の教材が禁酒と何の関係があるというのでしょうか。

みなさんには実際にリンク先のセールスレターをお読みになっていただきたいのですが、そのレターの最後のほうの、「hidekiさん(33際(ママ)/男性 会社員)」という方の感想をお読みいただきたいのです。
ちょっと引用してみますね。
明らかに本を読むスピードが速くなりました!また、DVDの苫米地先生のお話を聞いてからは飲みニケーションはもちろん、家でのアルコールも止めました。アフター5は自分のゴールを達成するための時間として、趣味の読書はもちろん、妻との会話や3才の子供と楽しく過ごし毎日充実しています。会社でも仕事が速くなる方法が思い付き、仕事の遅い同僚にはイライラしてしまいます(笑)
(hidekiさん(33際(ママ)/男性 会社員))

もう一度書きます。
「苫米地先生のお話を聞いてからは飲みニケーションはもちろん、家でのアルコールも止めました。」

私も全く同じです。
このDVDを視聴して以来、私はお酒をピッタリ止めました(止められました)。
この教材は44800円ですので、このブログ記事のタイトルを「44880円で禁酒する方法」としました。

アレン・カーさんの『禁酒セラピー』でやめられれば950円で済みます。
ですからみなさんはまず『禁酒セラピー』を読むことをおすすめ致します。
もしそれでやめられたら、おそらく酒代が浮いてあっという間に44800円は貯まるはずですから禁酒と関係なく『脳のCPUをハイスペックに変える!超高速脳ブートキャンプ』を購入して超高速脳を手に入れていただきたいと思います。

もし、私のように『禁酒セラピー』だけではやめられなかった場合は、能力開発プラス禁酒目的でこちら

をご購入下さい。

お酒をやめると、びっくりするくらい時間がつくれますよ。
一体、自分はどれ程の時間を無駄にしてきたのかと思います。
みなさんも是非お酒をやめて、この感覚を味わっていただきたいと思います。

この「44880円で禁酒する方法」でお酒をやめられた方は是非コメント下さいね。

←最後までお読みいただきありがとうございます。あなたのクリックを励みに
 これからも楽しんでいただけるような記事を執筆して参りたいと思います。


14:17 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。