FX比較はこちら

2012.11.21

鳩山由紀夫さんへ(もしご存知でしたらすいません)

←お読みになる前に是非ともクリックをお願い致します。あなたのクリックでこ
 のブログのランキング順位が上がります。ランキング1位を目指しております。


民主党執行部が消費税増税やTPP推進などの「党の方針に従え」と言い、
鳩山さんが「従えない」と言い、
民主党執行部が「従わなければ公認しない」と言い、
鳩山さんは従えないので立候補を断念したという報道がされました。

そもそも消費税増税もTPP推進も民主党の方針ではなかったはずです。
さらに、国民は誰も党の方針にしてくれと言っていません。

民主党の一部の方が勝手に党の方針にしたわけです。
そんな党の方針に従えと言われたって従えるわけがありません。

ですから鳩山さんがおかしいのではなく、「従え」という方がおかしいのです。

鳩山さんは凡百の政治家と違って、唯一沖縄の基地問題に真剣に取り組み、アメリカと対峙なさったホンマもんの政治家です。

確かに、うまく行かなかったかもしれません。

しかし「最低でも県外」という至極もっともな事を堂々と主張なさった素晴らしい政治家です。

鳩山さんは、いつも高尚なことばかりお考えになっているために、俗世間で起こっていることについてあまりご存知ないかも知れませんので一応申し上げておきます。

鳩山さん、別に立候補自体をやめる必要はございません。
なぜなら最近、鳩山さんのご意見とピッタリな政党が誕生したからです。
それは国民の生活が第一という政党です。

私が鳩山さんにオススメするのは、この党から立候補してはいかがでしょうかということです。

この党の政策のひとつは「消費増税廃止」です。
鳩山さんのご意見と同じではありませんか。

TPPについても推進しろなんて言われないはずです。

もしかして、ここまでの話はご存知でしたか?
いや、立候補を断念という報道が出たものですから、ついご存知ないのかと早合点してしまって失礼しました。

←いつも応援のクリックありがとうございます。
 あなたのクリックが大変励みになっております。


では、なぜ「立候補を断念」なのでしょうか。
もしかして立候補の仕方がわからないのでしょうか。

それでしたらここに詳しく書いてあります。
「国民の生活が第一」衆議院議員選挙候補者公募のお知らせ

これを読みますと、
【2】 応募資格の(3)に「国民の生活が第一」に入党すること
  ( 政治経験は問いません )。
と書かれていますね。
ですから、政治経験は問われないようですが、とりあえず入党しないとダメみたいです。

では、どうやって入党するのか?
それはココに書いてあります→入党のご案内

これを読みますと、とりあえず鳩山さんのご自宅から近い議員事務所に行かれて登録すればいいみたいです。
ただ、ちょっとお金がかかるんですね。
党費として 年額4000円だそうです。
4000円は厳しいですか。
ちょっと外食を控えれば捻出できる金額だと思われます。

あと提出書類が色々あって大変かもしれません。
まず、「申請書・経歴書」。
これはPDFをダウンロードして下さい。

それと最終学歴卒業証明書( 又は卒業証書のコピー )。
これは東大のでもスタンフォード大学大学院のでもどちらでもいいと思うんですね。たぶん。
「外国のじゃダメだよ〜」とかさすがに言われないと思うんです。いまどき。

あと小論文3000字程度( 政治信条と政策提言について )
【注】 書式は自由ですが、A4サイズの用紙でまとめて下さい。
これは、手書きでもワードでもどちらでもいいと思うんですね。たぶん。
だた、A4という指定があるのでそれは守った方が審査員に好印象だと思われます。

で、書類がそろったら宅配便または書留にて以下に送付します。
〒100-0014
東京都千代田区永田町2-12-8
永田町SRビル3F
国民の生活が第一 公募事務局

そしたらいよいよ審査です。
審査は結構きびしそうですね。
第1次選考(書類審査)→第2次選考(選考委員会面接)→最終選考(役員面接)

面接はあまり緊張せずに、できるだけリラックスして鳩山さん本来の力を発揮していただければよろしいかと思われます。

晴れて最終選考を通過したら選挙候補者として認められるという流れですね。

どうでしょう。

こうやって文字で書くと大変そうですけど、実際やってみればそうでもないのかなと。
まあ、やったことがない私が言うのもなんですけど。

一番のネックはどのあたりですか?
やっぱり「小論文3000字程度( 政治信条と政策提言について )」ですか?
今では、大学入試に小論文とか結構当たり前になりつつありますけど、鳩山さんの頃はあまりなかったかもしれないですね…

でも大丈夫です。
今はちゃんと対策本が販売されていますから、それらをしっかり読み込んでいけば、必ず書けるようになります。
その対策本のアマゾンリンクを下記に貼っておきますので、是非参考にして下さい。



ではご健闘をお祈り申し上げております。

←最後までお読みいただきありがとうございます。あなたのクリックを励みに
 これからも楽しんでいただけるような記事を執筆して参りたいと思います。


主権者国民連合TBP

00:23 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。