FX比較はこちら

2013.06.23

余った「給食」くらい食べていい

←お読みになる前に是非ともクリックをお願い致します。あなたのクリックでこ
 のブログのランキング順位が上がります。ランキング1位を目指しております。


『余り給食 職員食べちゃダメ?』
というyahooニュースのトピックスが出ていたので読んでみた。

要するに公立保育所の給食の調理員があまった給食を食べていたという話だ。
給食費も払っていないのに何事だ、という訳だ。

一体、日本はいつからこんなクダラナイ国になったのか。
クダラナイというのは調理員のことではない。

こんなことを話題にし、問題視する側のことである。

例えば、私がこの保育園に子供を預けている親だとする。
当然わたしは子供の給食代を支払っている。
だからといって、この保育園の調理員に対して「給食代を支払っていないのに給食を食べるなんて!」
とは絶対言わない。

どうぞ調理員の方々も召し上がって下さいとは言うだろう。
だいたい、調理員って言ったってそんな大人数ではないだろう。
もし問題だというのなら、その調理員の給食代くらい、全員の親に分配負担させればいい。
そのくらい何の問題もないことだ。

よく食べ物屋のバイトには「食事補助あり」という条件があるだろう。
あれと同じと考えればいい。

バイトに食事を補助するということは、その分が客の食べる食事料金に含まれている。
厳密にいえばそういうことであり、別にだからなんだという話だ。

この場合「公立」というところが問題なんだとか何とか言いたいヤツは言うのだろうが。
それもクダラナイと思う。

というか、そういうことをガタガタ言うやつは精神的にギスギスしていて「狭量」だ。

もし私がこの保育園を監督する立場にいたら、仮に規則違反だとしても許可する。
「一応、規則ではダメっていうことになっていますけど、どうぞ食べて下さい」という。
そして全然罪悪感を感じない。

その記事は
「役得的に余った給食を食べていた調理員の行為は、とてもほめられたものではないだろう。」
などと偉そうに締めくくっているが、「役得」なんていう言葉を使うほどのことかよ。

今時の日本人は俺と感覚が違うのだろうか。
それとも、俺が日本人ではないのだろうか。

←最後までお読みいただきありがとうございます。あなたのクリックを励みに
 これからも楽しんでいただけるような記事を執筆して参りたいと思います。


主権者国民連合TBP

01:09 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。