FX比較はこちら

2014.01.04

この1年だけでいいから冷たい海を泳いでみよう

←お読みになる前に是非ともクリックをお願い致します。あなたのクリックでこ
 のブログのランキング順位が上がります。ランキング1位を目指しております。


変わりたいと思っているのに変われないという人。

なぜ変われないか。

それは自分を守っているからだ。

変わるっていうのは、今の自分じゃないところへ行くこと。

ところが、人間にとって、それはとっても不快なことなんだ。

人間にとって心地良いのは現状維持。

その現状維持から抜けだそうというのだから、それはそれは不快なことなんだ。

変わろうとするということは、敢えて不快なことをやるということ。

敢えてストレスがかかることをやるということ。

ただやるのではなく、やり続けること。

敢えて嫌なことをやること、やり続けること。

敢えて温かいこたつから抜けだして、寒冷地へと赴くこと。

しかも、それを誰から頼まれたわけでもないのに、自分からやること。

自分を変えるってこういうことなんだよ。

だから、安楽椅子に座ったまんまとか、あったかいこたつに入ったまんま、自分を変えるとか、ありえないわけ。

ふりとか、どうでもいい。

格好とか、どうでもいい。

人目とか、どうでもいい。

つらい、苦しい、ストレスがたまる、眠い、疲れた、しんどい、寒い、暑い、不快だ、そんな感じを持ち続けること、それは変わっている証拠だ。つまり、現状維持の状態の外側にいるということだから。

そうやって外に飛び出すとね、色々しんどいんだよ。

でも、そのしんどさっていうのは、勲章だ。

大多数の人間は、そのしんどさを避ける。

そして、現状維持に留まる。

昨日も、今日も、明日も、同じような日々を送って年をとってゆく。

そんな人生を考えたとき、ゾッとしないか?

少なくても私はゾッとした。

自分が自分として生きるために、飛び込むんだ。

そして、寒さの中を、ストレスの海を、泳ぎ続けるんだ。

人の声なんて聴かなくていい。

自分の内なる声だけ聞けばいい。

自分の声を聴かずに、なぜ人の声を聴くんだ?

人の声は自分の声より、価値が高いのか?

人の声は自分の声より、正しいのか?

人というのは、親、教師、上司、同僚、友達、etcのことだ。

そんな人達の声が正しい保証は全くない。

人のいうことを聴くな。自分の声だけ聴いていればいい。

もっと言う。人の言うことは全部無視しろ。

それから、やることが決まったら、それだけをやれ。

もう、他のものをキョロキョロ見るな。

ネットサーフィンは一切するな。

余計なメルマガは全て解除しろ。

テレビも見るな。

余計な本も読むな。

とにかくやると決めたことをひたすらやれ。

時間は有限だ。

やると決めたことだけをひたすらやるんだ。

余計な自己啓発本も買わなくていい。

そんな本を読んでいる暇があったら、やると決めたことをやれ。

←いつも応援のクリックありがとうございます。
 あなたのクリックが大変励みになっております。


人に笑われることを恐れるな。

人と比較するな。

人はどうでもいい。

人からどんなにバカにされたって構わない。

自分が決めたことを自分がキッチリできればそれでいい。

自分の評価は自分がすればいいのだ。

勝手に自分を評価してくる他人はいるだろう。

勝手に評価させておけばよい。

そいつの評価なんかどうでもいいのだから。

そいつというのは、親だったり、教師だったり、上司だったり、同僚だったり、友達だったりする。

そいつらからの評価なんか、完全にどうでもいいのだ。

余計な観念にとらわれるな。

コントロールすべきは自分なんだ。

人は往々にして自分で自分を無意味に縛り付けている。

その縛りをぶち切るんだ。

そして、突き進むんだ。

自分の全てを自分がやろうと思ったことに注ぎこむんだ。

つらいぞ、飽きるぞ、モチベーションが低下するぞ、眠いぞ、面倒臭いぞ、いつでもやめられるぞ、やめても誰にも怒られないぞ、やめても誰にも注意されないぞ、そんな努力だれもお前に頼んでないぞ、お前が勝ってにやっていることだぞ、やっぱり出来ないんじゃないかと思うぞ、やぱっり、ムリしないでみんなと同じ人生送った方がずっと気楽なのではないかと思うぞ、

別にやめてもいいよ。

どうぞ、やめて下さい。

あなたがやめても誰も困りませんから。

あなた自身すら困らないかもしれない。

でも、あなたはやめた代償として、現状維持というクソみたいな人生を歩むことになる。

大多数の人間が現状維持というクソみたいな人生を歩むんだから、別にあなた一人じゃないから。

全く構わないですよ。

やるかやらないか。

続けるかやめるか。

それも含めて全部あなた次第なんだ。

奴隷としての安楽に留まるのか、そこから自力で抜け出すのか。

全部あなたが決めること。

誰も決めてくれません。

あなたが全部決めるのです。

そしてあなたが行動するのです。

誰もあなたの代わりに行動してくれません。

そしてあねたが継続するのです。

誰もあなたの代わりに継続してくれません。

そしてその結果あなたが、ゴールに到達するのです。

そのゴールには、あなた以外誰も到達できません。

あなたしか到達できないのです。

現状維持を選択したその他大勢は到達できない地点にあなただけが立てるのです。

そのために、冷たい海に飛び込んで泳ぎつづけるのです。

1年間でいい。365日だけでいい。

366日目には、こたつに戻っていい。安楽椅子に座っていい。

だた、この1年間だけ、楽しいことが全くない1年にしてみませんか。

この1年間だけ、楽なことが全くない1年にしてみませんか。

この1年間だけ、もっとも過酷な刑務所に入りませんか。

この1年間だけ、自分の人生を捨ててみませんか。

一生とはいいません。

今年1年だけと決めて走ってみませんか。

←最後までお読みいただきありがとうございます。あなたのクリックを励みに
 これからも楽しんでいただけるような記事を執筆して参りたいと思います。


主権者国民連合TBP

04:46 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。