FX比較はこちら

2019.07.08

風花回廊

久々のブログ更新となりました。

前回の執筆が2017年3月18日ですから、2年以上経過したわけです。
初めての投稿が2011年5月26日ですから、それからは8年以上経過しているわけですね。

時の経つのは早いものです。

最近、風花未来さんが「風花回廊」という企画を展開なさっており、その中で風花さんがブログ記事を書き続ける真の理由として

”人でいたいから。人らしくあり続けたいからです。”

と仰っていました。

私はこの言葉にある種の得心がいったように感じました。

最近流行りのYoutuberもそうですが、皆さん、お金が欲しい。
それはよく分かりますし、私もお金は欲しいです(笑)

そのお金儲けのツールとして、ブログや動画を存在させている風潮があるように思われます。

しかし、人が何かをするということは、人生の時間を使うということです。
ブログを書くという行為も、動画を撮影してアップするという行為も、限りある人生の時間を使って行われることです。

その真実を前にしたときに、「金儲けの手段のみのためのブログ」を書いている人と、「人でいたいから。人らしくあり続けるための手段としてのブログ」を書いている人とでは、「人生の価値」という次元において根本的な違いがあると言わざるを得ません。

私は最近特に「死」という観念を含めて考えられていない思想や行為は、薄っぺらくて付き合いきれないという思いが強いです。
つまり、金儲けは生きていく上で大切ですが、では、「金儲け」と「死」とはどう関わり、どう繋がっているのか。

それは「金儲け」は「人生」とどう関係するのかとも言い換えられますが、そのような問いを前にしたとき、「人の価値は稼いだ金銭の多寡のみによっては判断できない」という極々当たり前の真実さえ理解することができれば、「金儲けの手段のみのためのブログ」を書くという行為がいかに「非効率」なことかがわかるでしょう。

ネットに書かれている風花さんの評価の中で、次のようなものがありました。
要約すると、風花さんのやり方は「遠回り」だというものです。
何が「遠回り」なのかというと、「金儲けをするには」遠回りだという意味らしいです。

では、その方が仰る「近道」とは何なのかというと、より「金儲けの手段のみのためのブログ」にシフトせよと言っているように私には聞こえました。しかしながら、今まで考察してきたように、これは「近道」のように見えて、これこそが「遠回り」なのではないでしょうか。

このようなことを言うと「金儲けを甘くみている」と反論なさる方がいらっしゃいます。
しかし、私に言わせるとそのような反論をなさる方は、金儲けはシビアに考えていらっしゃるかもしれませんが、人生を甘くみていらっしゃる。

なぜなら、金儲けは人生の一部であり、人生が金儲けの一部ではないからです。
もちろん、金儲けは人生の一部とは言っても、かなり重要な一部であることは認めます。
重要な一部だからこそ、皆さんお金を欲しがるし、私も例外ではないわけです。
しかし、どこまでいっても金儲けは人生の重要な一部という位置づけに留まるのであって、それが逆転することはありません。

この文章の最初の方に、「初めての投稿が2011年5月26日ですから、それからは8年以上経過している」と書きましたが、実は私がブログを始めたきっかけは風花さんの影響です。この8年間、中断しつつもまた私がこうしてブログに戻ってくるのは、風花さんがブログというものを人生と結びつけて考えておられ、そのような考え方に私が感化されているからだと思います。

今、自分がこの8年間書いてきたことを読み返すと、いかに稚拙なことを書いていたのかと恥ずかしくなります。
しかし恥ずかしく思うということは、私がこの8年間、私なりに、亀の歩みではありましたが、考え、行動し、生きてきたことによって思想が進化かつ深化したからだとも言えるわけで、その意味では、まあまあ自分を褒めてあげてもいいのではないかと思います。

皆さまも、是非一度、「風花回廊」で風花スタイルの風を感じてみてはいかがでしょうか。


日記・雑談ランキング
02:59 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017.03.18

最近考えていること

←お読みになる前に是非ともクリックをお願い致します。あなたのクリックでこ
 のブログのランキング順位が上がります。ランキング1位を目指しております。


最近考えていること。
人の考えというものは変わるものだ。
最近はスピリチュアルを人生の基底におくようになった。

信じるということ。

あの世はなく、生まれ変わりもなく、この一回きりの人生が終わればすべてが終わり…
なのかもしれない。

そうではないのかもしれない。

それはわからない。

議論してもしょうがない。

自分が余命宣告されたとする。
あと3か月の命だと。

その時どう思うか。

あの世があるかどうかについて悩み続けた人生だったな…とは思いたくない。
なぜなら、あるかないかは3か月後に嫌でも分かるからだ。


いずれ嫌でもわかるのである。

だったらその時分かればいいではないか。

そんなことについて悩み、考えるのは意味がない。

あると信じたければさっさと信じて、幸せな人生を送ったほうがいい。

もし、死んでからあの世なんかなかったということに気づいても全く損はしない。

なぜなら、その時は「無かった」と思うことすらできないはずだから。

では、無いと思って生きればいいではないか?

いや、あるかもしれないという不安をいつも抱えながらの人生になるのである。

だから私はさっさと信じることにする。

あの世はあるし、生まれ変わりもあると。

斉藤一人さんが好きです。

←いつも応援のクリックありがとうございます。
 あなたのクリックが大変励みになっております。


「信じる」ことは不自由をもたらすだろうか。

いや逆である。

信じることは私を自由にする。

恐れから解放されるからだ。

チェスタトンが好きだ。

久々のブログ更新でした。

←最後までお読みいただきありがとうございます。あなたのクリックを励みに
 これからも楽しんでいただけるような記事を執筆して参りたいと思います。


主権者国民連合TBP

01:13 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015.11.09

願い事を叶える不思議なリスト

願い事を叶える不思議なリスト
友人に教えてもらった記事ですが
自分がやって、怖いくらいに当たっていたので皆さんも是非試してみて下さい。

このゲームを考えたご本人は、たったの10分で願い事が叶ったそうです。
このゲームは、おもしろく、かつ、 あっと驚く結果を貴方にもたらすでしょう。


たったの3分ですから、ためす価値ありです。
まず、ペンと紙をご用意下さい。そして約束してください。
絶対に先を読まず、1行ずつ進む事を。
先を読むと、願い事が叶わなくなります。


●準備はよろしいですか?。


1)まず、1番から、11番まで、縦に数字を書いてください。



2)1番と2番の横に好きな3〜7の数字をそれぞれお書き下さい。



3)3番と7番の横に知っている人の名前をお書き下さい。

必ず、興味のある異性の名前を書く事。
男なら女の人、女なら男の人、ゲイなら同性の名前をかく。


必ず、1行ずつ進んで下さい。
先を読むと、なにもかも無くなります。


4)4、5、6番の横それぞれに、自分の知っている人の名前をお書き下さい。

これは、家族でも知り合いや、友人、誰でも結構です。


まだ、先を見てはいけませんよ!!


8、9、10、11番の横に、歌のタイトルをお書き下さい。


5)最後にお願い事をして下さい。



さて、魔法のゲームの解説です。


1)このゲームの事を、2番に書いた数字の人に伝えて下さい。



2)3番に書いた人は、貴方の愛する人です。



3)7番に書いた人は、好きだけど叶わぬ恋の相手です。



4)4番に書いた人は、貴方がとても大切に思う人です。



5)5番に書いた人は、貴方の事をとても良く理解してくれる相手です。



6)6番に書いた人は、貴方に幸運をもたらしてくれる人です。



7)8番に書いた歌は、3番に書いた人を表す歌。



8)9番に書いた歌は、7番に書いた人を表す歌。



9)10番に書いた歌は、貴方の心の中を表す歌。



10)そして11番に書いた歌は、貴方の人生を表す歌です。



これを読んでから、1時間以内にブログや日記に貼り付けてみましょう。
そうすれば、あなたの願い事は叶うでしょう。
23:21 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014.10.28

岡崎久彦氏死去

←お読みになる前に是非ともクリックをお願い致します。あなたのクリックでこ
 のブログのランキング順位が上がります。ランキング1位を目指しております。


2014年10月26日
岡崎久彦氏が死去した。

岡崎氏は、朝まで生テレビにもよく出演なさっていて、私もよく見ていた。
以下の著書はあまりに有名だろう。



保守派の論客であったが、いわゆる親米保守という立場で同じ保守でも西部邁氏とは
立場を異にしていた。
日本は今後、アングロサクソンと共に歩めば間違いないという
ある意味わかりやすい主張をされていたように思う。

私は、その点あまり肯んじられなかったが。

←いつも応援のクリックありがとうございます。
 あなたのクリックが大変励みになっております。


それはさておき、私が氏の著作で印象に残っているのは

などで、ルビがふられていることである。

いちいち漢和辞典にあたらずとも、音読できるように配慮されている。

このあたりの青少年に対する心遣いはさすがだと思った。

私とは考え方が多少違ったにせよ、優秀な頭脳であったことは間違いないのだろう。

←最後までお読みいただきありがとうございます。あなたのクリックを励みに
 これからも楽しんでいただけるような記事を執筆して参りたいと思います。


主権者国民連合TBP

01:40 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014.01.04

この1年だけでいいから冷たい海を泳いでみよう

←お読みになる前に是非ともクリックをお願い致します。あなたのクリックでこ
 のブログのランキング順位が上がります。ランキング1位を目指しております。


変わりたいと思っているのに変われないという人。

なぜ変われないか。

それは自分を守っているからだ。

変わるっていうのは、今の自分じゃないところへ行くこと。

ところが、人間にとって、それはとっても不快なことなんだ。

人間にとって心地良いのは現状維持。

その現状維持から抜けだそうというのだから、それはそれは不快なことなんだ。

変わろうとするということは、敢えて不快なことをやるということ。

敢えてストレスがかかることをやるということ。

ただやるのではなく、やり続けること。

敢えて嫌なことをやること、やり続けること。

敢えて温かいこたつから抜けだして、寒冷地へと赴くこと。

しかも、それを誰から頼まれたわけでもないのに、自分からやること。

自分を変えるってこういうことなんだよ。

だから、安楽椅子に座ったまんまとか、あったかいこたつに入ったまんま、自分を変えるとか、ありえないわけ。

ふりとか、どうでもいい。

格好とか、どうでもいい。

人目とか、どうでもいい。

つらい、苦しい、ストレスがたまる、眠い、疲れた、しんどい、寒い、暑い、不快だ、そんな感じを持ち続けること、それは変わっている証拠だ。つまり、現状維持の状態の外側にいるということだから。

そうやって外に飛び出すとね、色々しんどいんだよ。

でも、そのしんどさっていうのは、勲章だ。

大多数の人間は、そのしんどさを避ける。

そして、現状維持に留まる。

昨日も、今日も、明日も、同じような日々を送って年をとってゆく。

そんな人生を考えたとき、ゾッとしないか?

少なくても私はゾッとした。

自分が自分として生きるために、飛び込むんだ。

そして、寒さの中を、ストレスの海を、泳ぎ続けるんだ。

人の声なんて聴かなくていい。

自分の内なる声だけ聞けばいい。

自分の声を聴かずに、なぜ人の声を聴くんだ?

人の声は自分の声より、価値が高いのか?

人の声は自分の声より、正しいのか?

人というのは、親、教師、上司、同僚、友達、etcのことだ。

そんな人達の声が正しい保証は全くない。

人のいうことを聴くな。自分の声だけ聴いていればいい。

もっと言う。人の言うことは全部無視しろ。

それから、やることが決まったら、それだけをやれ。

もう、他のものをキョロキョロ見るな。

ネットサーフィンは一切するな。

余計なメルマガは全て解除しろ。

テレビも見るな。

余計な本も読むな。

とにかくやると決めたことをひたすらやれ。

時間は有限だ。

やると決めたことだけをひたすらやるんだ。

余計な自己啓発本も買わなくていい。

そんな本を読んでいる暇があったら、やると決めたことをやれ。

←いつも応援のクリックありがとうございます。
 あなたのクリックが大変励みになっております。


人に笑われることを恐れるな。

人と比較するな。

人はどうでもいい。

人からどんなにバカにされたって構わない。

自分が決めたことを自分がキッチリできればそれでいい。

自分の評価は自分がすればいいのだ。

勝手に自分を評価してくる他人はいるだろう。

勝手に評価させておけばよい。

そいつの評価なんかどうでもいいのだから。

そいつというのは、親だったり、教師だったり、上司だったり、同僚だったり、友達だったりする。

そいつらからの評価なんか、完全にどうでもいいのだ。

余計な観念にとらわれるな。

コントロールすべきは自分なんだ。

人は往々にして自分で自分を無意味に縛り付けている。

その縛りをぶち切るんだ。

そして、突き進むんだ。

自分の全てを自分がやろうと思ったことに注ぎこむんだ。

つらいぞ、飽きるぞ、モチベーションが低下するぞ、眠いぞ、面倒臭いぞ、いつでもやめられるぞ、やめても誰にも怒られないぞ、やめても誰にも注意されないぞ、そんな努力だれもお前に頼んでないぞ、お前が勝ってにやっていることだぞ、やっぱり出来ないんじゃないかと思うぞ、やぱっり、ムリしないでみんなと同じ人生送った方がずっと気楽なのではないかと思うぞ、

別にやめてもいいよ。

どうぞ、やめて下さい。

あなたがやめても誰も困りませんから。

あなた自身すら困らないかもしれない。

でも、あなたはやめた代償として、現状維持というクソみたいな人生を歩むことになる。

大多数の人間が現状維持というクソみたいな人生を歩むんだから、別にあなた一人じゃないから。

全く構わないですよ。

やるかやらないか。

続けるかやめるか。

それも含めて全部あなた次第なんだ。

奴隷としての安楽に留まるのか、そこから自力で抜け出すのか。

全部あなたが決めること。

誰も決めてくれません。

あなたが全部決めるのです。

そしてあなたが行動するのです。

誰もあなたの代わりに行動してくれません。

そしてあねたが継続するのです。

誰もあなたの代わりに継続してくれません。

そしてその結果あなたが、ゴールに到達するのです。

そのゴールには、あなた以外誰も到達できません。

あなたしか到達できないのです。

現状維持を選択したその他大勢は到達できない地点にあなただけが立てるのです。

そのために、冷たい海に飛び込んで泳ぎつづけるのです。

1年間でいい。365日だけでいい。

366日目には、こたつに戻っていい。安楽椅子に座っていい。

だた、この1年間だけ、楽しいことが全くない1年にしてみませんか。

この1年間だけ、楽なことが全くない1年にしてみませんか。

この1年間だけ、もっとも過酷な刑務所に入りませんか。

この1年間だけ、自分の人生を捨ててみませんか。

一生とはいいません。

今年1年だけと決めて走ってみませんか。

←最後までお読みいただきありがとうございます。あなたのクリックを励みに
 これからも楽しんでいただけるような記事を執筆して参りたいと思います。


主権者国民連合TBP

04:46 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする