FX比較はこちら

2012.04.15

アカデミック・ハラスメント

←お読みになる前に是非ともクリックをお願い致します。あなたのクリックでこ
 のブログのランキング順位が上がります。ランキング1位を目指しております。


先日、Twitter上でたまたま池野賢士さん(@ikenokenji)が苫米地英人さんに以下のような質問していました。

@DrTomabechi 新刊拝読しました。博士課程単位取得退学です。やはり博士号はとるべきでしょうか?指導教員によるアカデミック・ハラスメントと大学当局によるアカデミック・ハラスメントの揉み消しを体験しているので、大学人とはなるべく距離を置きたいのが本音なのですが…。

私は興味があったので、大学名は伏せてでも、ハラスメントの内容を是非お聞きしてみたいと尋ねたところ池野さんがご回答下さったのでご紹介します。

@St_Paso @DrTomabechi ゼミ発表中の指導の名を借りた怒声や人格攻撃、教員の私的研究に対する無償での雑用の強要、暴力、査読担当者を恫喝して論文投稿妨害、留学希望者に対する退学の強要、精神疾患の烙印を押しての大学からの放逐、自主退学の強要、1分刻みの連続電話による恫喝や義務妨害、義務のない誓約書執筆及び提出の強要、他の大学教員への悪評の流布、アカデミック・ハラスメント相談内容の実家への漏洩、研究科長が実家へ押し掛け「大学を辞めさせろ」との直談判、大学当局はアカデミック・ハラスメントの事実を認めず、私は在籍期限切れで大学を事実上放逐されました。研究は続けたいですが、大学人とはなるべく関わりたくありません。大学人と距離を置いて博士号を取得するのが不可能ならば博士号などいりません。

私は、池野氏と面識があるわけではないので池野氏がどのような人物であるのか全く存じ上げません。
よって、池野氏がどの程度信用のおける人物なのかも不明です。
しかも、私は学部中退者ですので院の雰囲気というものがよくわかりません。

なので、上記の池野氏の文章が「仮に本当だとすれば」という前置きがつきますが、
これは、どんでもないことではないでしょうか。
私は法律には詳しくありませんが、多分、何らかの犯罪の構成要件を満足するでしょう。

池野氏は「研究は続けたいですが、大学人とはなるべく関わりたくありません。大学人と距離を置いて博士号を取得するのが不可能ならば博士号などいりません。」と書かれていますが、全国の大学の研究室のどのくらいの割合でこのような理不尽なことが行われているのでしょうか。



人生において、クダラナイ人物と関わることほど時間のムダはありません。
例えば、こういう教授たちを告訴することも可能だと思いますが、こんなクダラナイ人間との裁判に時間を使う位なら、そんな連中からはさっさと離れて、自分だけで研究を続けたほうが有意義な時間の使い方だと思います。

しかし一方で、誰かがこのような人物にしっかりとした制裁を加えないかぎり、このようなトンデモ教授たちが大学内を跋扈することになります。

こういうトンデモ教授達が一部少数で、そんなに学内で力を持っていないのであるならば、いずれ組織の自浄作用によって淘汰されるでしょう。しかし、学内がドンデモ教授一派に乗っ取られるような形になっているならば、もう自浄作用は期待できず、何らかの外からの力が働かないかぎりその大学にたまたま入学してしまった学生全員が不幸になります。

そこで、こういう理不尽な状況を知っていて、こういう状態は許せないと思っていて、義憤にかられた方でかつ時間とお金に余裕がある方にお願いがあります。

是非、証拠を集めてこういうバカ教授連中を告訴していただけないでしょうか。

例えば、
・「ゼミ発表中の指導の名を借りた怒声や人格攻撃」
  →是非ICレコーダーでこっそり録音しておきましょう。
・「教員の私的研究に対する無償での雑用の強要」
  →その内容、日時を手帳に記録しておきましょう。
・「査読担当者を恫喝して論文投稿妨害」
  →その査読担当者からの証言をとりましょう。
・「1分刻みの連続電話による恫喝や義務妨害」
  →電話の録音は取りやすいですね。
・「アカデミック・ハラスメント相談内容の実家への漏洩」
  →コンプライアンス違反ではないでしょうか。
こういう証拠を一定期間収集して、告訴する。
できれば法律家とタッグを組んで実行するのが賢明だと思います。

正しいものが泣き寝入りをしなければならないのはどう考えてもおかしいことです。

是非とも池野さんが他大学にて素晴らしい指導教授との邂逅があり、無事博士号を取得なさることをお祈り申し上げます。

また、俺も私も、こんなアカハラにあったぞ、あるいはこんなアカハラが現在進行中だぞ、という情報があれば、是非教えて下さい。拡散希望であれば、バンバン拡散してゆきたいと思います。

検索したら以下のサイトがありました。
『アカデミック・ハラスメントをなくすネットワーク』
アカハラス
教授のアカデミック・ハラスメントが発覚した…

なんか、大学教授って、総じて人格破綻者なのかと思えてくるほど酷い状況ですな…

01:01 | Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011.11.23

立川談志氏の死

2011年11月21日(月) 立川談志氏が75歳で死去した。

中学か高校時代、ビートたけしさん経由で談志さんを知った。

『談志・陳平の言いたい放だい』を時たま観るくらいで

結局、生で聴かずじまいだった。

談志氏が天才なのかどうなのか判断は差し控えるが

少なくとも天才と同時代に生きていられるというのは

それだけで奇跡的にラッキーなのだということを

もっともっと自覚することの必要性を感じた。



↑ こういうものはいつでも観られる。

一度でいいから、生の舞台を観ておきたかった。

とりあえず西部大先生との番組を振り返ってみますか。





ご冥福をお祈り致します。
人気ブログランキングへ
17:01 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011.09.08

杉本彩さんの親族との確執

杉本彩さんが自分の親族との確執をブログにUPしています。

私は、この問題は軽々しく論評する問題ではないと思うと同時に

すべての人が一度は真剣に検討してみていただきたい問題であると思います。

私もこの問題に対する自分の考えを当ブログにUPしようと考えております。

みなさんも宜しければ杉本彩さんの『リベラルライフ

を読んでみていただきたいと思います。

併せて、杉本彩さんのブログ『私の結婚を喜ばない家族たち』

お読みいただきたいと思います。




人気ブログランキングへ




22:14 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011.08.30

苫米地英人氏『超瞑想法』

苫米地英人氏による『超瞑想法』が発売される。

瞑想はセックスよりも気持ちいいというのは当たり前らしい。

脳内作用によるドーパミン供給量はセックスという肉体行為による

ドーパミン供給量を遥かに上回るからだろう。

瞑想によって内部表現のコントロールが可能になる
=自分の世界をコントロールできるということなのでしょう。

そんなわけで私も早く読みたい。



8/30(火)19:00〜9/9(金)19:00の10日間限定で
アマゾンキャンペーンhttp://www.maxpec.com/をやっているらしい。
このチャンスを逃すな!

人気ブログランキングへ
21:51 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011.08.21

出口さんの本『奇跡の「話す」「書く」技術』

出口汪さん、懐かしいなぁ。

出口さんといえば私にとって現代文の神。

ラ講も聞いていたし、参考書も買ったなぁ。

復活しないかな、ラ講。

まあ、ラ講なんて言ってスンナリ分かる方は

それなりのご年齢でしょうね(笑)

出口さんの曽祖父が出口王仁三郎だったなんてはじめて知った。

そんな出口さんのご著書です。



人気ブログランキングへ

14:08 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする